クリスマスなのに一人という方へ

 

 

 

こんにちはヒロです。

 

 

今日はクリスマスイブ
そして明日はクリスマス本ちゃんですね。

 

 

一人で過ごすことが寂しいとか
カッコ悪いと気になっている方も
いらっしゃるかもしれません。

 

 

まこの時期は世界的にも
自殺者や事件が増えるそうです。

 

 

ここの読者にはそこまで思いつめてる方は
いらっしゃらないと思いますが、
虚しさや寂しさを感じてる方は
いるかもしれないですね。

 

 

そんな方もこの記事を読んで頂くと
辛い状況だからこそ見つけられる
価値がわかっていきます。

 

 

なぜなら孤独感や疎外感というのは
自分が本当に必要としている価値を
知らせてくれるからです。

 

 

 

年末年始にかけて街中は
本当ににぎやかになっていきますね。

 

 

せわしなくしてる人たちを見ると
こんな風に感じるかもしれません。

 

  • 自分だけ取り残された気分になる。
  • 孤独なのは自分だけなんじゃないか。
  • 自分以外の人は一緒に過ごす人がいて
    みんな幸せに違いない。
  • 誰からも誘われない自分はつまらない人だなぁ。
  • 早くこの季節が終わって通常に戻ればいいのに……

 

 

テレビやネットでもクリスマスの
話題が埋め尽くします。

 

 

ビジネスとしては一年で
もっとも動く時期なので当然なんですが。

 

 

こんな情報にさらされていると
クリスマスはワイワイ楽しくやるのが
当たり前だと思い込むのも仕方が
ないことです。

 

 

しかしもう少し冷静に考えてみましょう。

 

 

この記事を書いてるのは12月23日です。

 

 

12月23日は何の日か覚えてますか?

 

 

上皇陛下のお誕生日です。

 

 

なぜか日本人はキリストの生誕を祝っても
上皇陛下のお誕生日はそれほどではありません。

 

 

こういう視点で見てみると
日本人って何か面白いですよね。

 

 

たまたま見ていたネット番組では
78%の人がクリスマスの予定はないと
答えていました。

 

 

ほとんどの人がクリスマスを祝っている
というのは誤解なんですね。

 

 

まぁ、この数字は
保守的な番組の視聴者対象なので
だいぶ偏りがあると思います。

 

 

それでもわたし達が思っているほど
クリスマスは特別ではない
のかもしれません。

 

 

私たちは特に意味がないことも
意味があると思い込んでしまいます。

 

 

これが心から大切にしたいものを
見えなくさせています。

 

 

 

突然ですが、ここで受講生さんから
頂いたお便りをご紹介します。

 

 

★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

 

クリスマスは一人だなぁと思いながら
過ごしていました。

 

そしたら、地元の駅前で拉致被害者の会
の演説が行われていたので通りながら
聞いてみました。

 

被害者家族の方達は
クリスマスお正月どころでは無く、
想像を絶する辛い思いをされている
現実を知りました。

 

私はいい大人なのに年末年始、
自分がどう楽しもうかばかり考えているのは
幼稚で恥ずかしいなと思いました。

 

その時暖かいお茶を買おうと思いましたが、
演説されていた方に少しですが
募金をしました。

 

ワクワクするのもいいですが、
もっと他に自分が出来ること、活かせることが
あることに気づきました。

 

★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

 

 

拉致問題は個人的に関心が高いので
受講生さんが演説を聞いて募金をして頂けた
ことを嬉しく思います。

 

 

これだけで僕にとっては十分な
クリスマスプレゼントです。

 

 

この受講生さんが
ワクワクや楽しみしか見えていなかったら、
自分を超えた大切なことをずっと
見逃していたかも知れません。

 

 

そしてもしあなたがクリスマスに一人でいて、
寂しかったり孤独感を感じていたら、

あなたは
誰かに幸せにしてもらう人なのではなく、
誰かを幸せにしてあげる立場の人になれる
という意味かもしれません。

 

 

幸せにしてもらうのを待っている状態と、
誰かの幸せを願って自分から動くのでは、
脳の働き方が全く違います。

 

 

待っている時、
脳は苦痛系が働きやすいので不快になります。

 

 

自分から動く時、
脳は報酬系が働きやすいので
ポジティブな気分を得られます。

 

 

 

寒い中、懸命に演説をしている人に
少しばかりの募金をしたこと。

 

 

拉致被害者家族の方にとっては
金額の大小関係なく知ってもらうという
ことだけで大きな励みになります。

 

 

被害者家族の感情は
救われることはないかも知れませんが、
きっと心強く感じたことでしょう。

 

 

そして何よりも募金をした受講生さんの心が
一番暖かくなったはずです。

 

 

孤独だ、一人だと感じた時は、
自分以外の誰かの幸せのために
行動してみませんか?

 

 

どんな小さな事でもいいんです。

 

 

もしそれをやったことを
誰も気づかなかったとしても、
あなただけは自分が何をしたのか
知っています。

 

 

誰かに指示されるわけでもなく
自らを取った善き行動は
あなたの自尊心を育ててくれます。

 

 

セルフイメージが
どんどん良くなっていんですね。

 

 

そして、そのセルフイメージが
あなたにより多くの人、豊かさを
連れてきてくれます。

 

 

もし、
どうしても自分がしたことを誰かに言いたい、
自慢したいと感じたら、
それはそれでとても人間らしい思いです。

 

 

そんな時はぜひ僕に聞かせてください(^^)

 

 

 

結局の所、
ホリデーシーズンをどう過ごそうが自由です。

 

 

ワイワイやるのだって、
一人でしんみりと過ごすのだっていいのです。

 

 

自分が決めた人生でさえあればそれでいい。

 

 

自分の幸せは
自分にしか決められないのですから。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA