コンフォートゾーンを抜け出したいのに出来ない!

 

 

 

 

こんにちはヒロです。

 

 

先日、カフェカメラ族してきました。

 

 

カフェカメラ族とは
おじさんが女子さながらに
カフェで注文したものを写真に
することです。

 

 

カフェカメラ族を提唱している方は、
メニューの中から一番写真映えするものを
注文するのだそうです。

 

 

目的が写真なので、
そこから逆算しているんですね。

 

 

カフェでのお茶は手段でしかない。

 

 

僕はそこまでの気合は入らないので、
どうしても自分が食べたいもの、飲みたいものを
頼んでしまいます(^^)

 

 

その結果がこれです。

 

 

 

 

人生、どこをゴールにするかは
とても大切ですね(^^)

 

 

 

さて、今日は
「コンフォートゾーンを抜け出したいけど、出来ていない」
というお悩みです。

 

 

コンフォートゾーンのことはご存知ですか?

 

 

自分にとって「心地のいい場所」のことです。

 

 

人は心地の良さを求めるものですが、
心地が良いところに居続けると
やがて飽きてしまい次の場所に
行きたくなります。

 

 

しかし、
新しい場所は未知のことも多くて
不安や怖れがあるものです。

 

 

すると今いる場所で安心し続けたい、
今いる場所がコンフォートゾーンなので
居続けよう!となっていきます。

 

 

ですから、
人生を変えてステップアップしたければ、
コンフォートゾーンを抜け出す
必要があるわけです。

 

 

そこで
「コンフォートゾーンを抜け出すぞ!」
と決めるのですが……。

 

 

これがうまく行きません。

 

 

いつまでたっても、
気持ちのいい現状にいたがるのが人間です。

 

 

あなたにもそんな経験はありませんか?

 

 

きっとありますよね。

 

 

今日から毎日ブログを書くと決めても、
いざ書こうと思うと何を書いていいのかわからないし、
そもそも文章がうまくかけない。

 

 

なんだか気分が重くなってきたぞ……。

 

 

よし、明日から頑張ることにして
今日は友だちに連絡して気持ちよく過ごそう!

 

 

そして、
それを来る日も来る日も繰り返して
いつの間にか数ヶ月が経ち、罪悪感だけが残る。

 

 

これは僕の過去の話ですが、
似たような経験はきっと誰にでもありますよね。

 

 

こういう時、
「今度こそコンフォートゾーンを抜けるぞ!」
と気合を入れてみても、また同じことの
繰り返しになります。

 

 

なぜそうなるのか?

 

 

 

 

 

 

実はこれ、
脳に間違った設定をしてしまって
いるんです。

 

 

コンフォートゾーンを抜け出すことは
いいことなんですが、脳への設定を間違えると

コンフォートゾーンを抜けられないばかりか
自分は意思が弱いと責める気持ちだけが
残ることになります。

 

 

脳へ正しい設定をしてあげるだけで、
あなたは感情に振り回されることなく、
目標達成に適切な行動がとれるように
なっていきます。

 

 

すると結果として、
少ない労働時間でより大きな収入を得られる
ようになっていくんですね。

 

 

今回の動画では
正しい脳の設定について話しています。

 

 

よろしければご覧になって下さい。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
『コンフォートゾーンを抜けたいけれど、
 抜けられない』
(9分33秒)

 ⇣ ⇣ ⇣

https://youtu.be/QmTab2Acryw
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA