敗戦の日

 

 

こんにちはヒロです。

 

 

本日は8月15日敗戦の日となります。

 

 

近現代史を少し知るようになってから
終戦記念日という言い方はどうも
しっくり来ません。

 

 

ですので僕のコンテンツ内では
敗戦の日と勝手に書かせて頂きます。

 

 

日本にとって戦争といえば
第二次世界大戦ですよね。

 

 

もう77年も経っているのに
未だに日本はアメリカの支配を受けている
側面があります。

 

 

例えば、
首都圏の上空はいまだにアメリカ軍が
管理しているので、日本の飛行機は自由に
飛ぶことが出来ません。

 

 

これにより日本の民間航空機は
遠回りを余儀なくされてきました。

 

 

当然コストも時間もかかりますから、
日本の生産性は低下してしまうわけです。

 

 

また、
多くの人が信頼をおいているであろう
国連に置いては日本とドイツは未だに
敵国扱いです。

 

 

77年も経っていますが
日本は未だに手かせ足かせをはめられていて、
アメリカどころか国際社会とも
対等ではないのです。

 

 

個人が頑張るのはある意味当然ですが、
その母体である国が世界で対等に
勝負できなければ、努力が報われにくいのは
当然ですよね。

 

 

ところが、その状態を打破して国際社会における
日本の存在感をあげようとした人がいました。

 

 

過去形で書かなければいけないのが
本当に残念なことです。

 

 

もちろんその人とは安倍元首相です。

 

 

安倍元首相が目指していたものの一つに
戦後レジームからの脱却があります。

 

 

つまり日本が
アメリカ、国際社会と対等の関係を築き、
表舞台で堂々と世界に貢献しよう
というものです。

 

 

アメリカや世界に
ただぶら下がるだけでなく
本来の姿を取り戻し
世界をリードしていくという考え方。

 

 

第二次安倍政権以降では
それを世界中で実践してきました。

 

 

だからこそ世界のリーダーたちから
あれだけ慕われ、その死を悲しんだのです。

 

 

そして、これは日本という国だけの
話ではないということ。

 

 

日本に属している
日本国民にも当てはまります。

 

 

誰かにぶら下がって生きようとするのか、
自ら能動的に人生を確立しようとするのか。

 

 

僕は人生に苦難が訪れた時、

自分は人生に飲み込まれようとしていないか?
それとも人生と対等に渡り合おうとしているのか?
本来あるべき自分の姿でいるか?

ということを問いかます。

 

 

すると
苦しい局面を乗り越えてやる!
という力が湧いてきます。

 

 

本来あるべき日本の姿は、
本来、私たち一人ひとりがあるべき姿
と重なるのではないでしょうか。

 

 

あなたは自分以外の何かに
人生を明け渡してしまっていませんか?

 

 

ぜひ、人生を自分の手に取り戻しましょう。

 

 

少し間が空きましたが、
オヤジ談義のパート3では第二次安倍政権の
偉業についてお話をしています。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
『再登板後に目指したものとは?
 第15回オヤジ談義Part 3』
(18分 44秒)

 ⇣ ⇣ ⇣

https://youtu.be/O7DFsNdL98s

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

欲しい!買いたい!という欲求から
自分の人生を取り戻しましょう!

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
『買い物依存をスパッと卒業し
 お金が貯まるノート術セミナー』

https://life-rest.com/lp/ws202208/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

残席1となっています。

 

 

気になる方は
お早めにお申し込みください!

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA