死して何を残すのか? 

 

 

 

こんにちはヒロです。

 

 

昨日はカツカレーを作りました。

 

 

普段であれば、テキトーに具材を切って
鍋に入れてしまい、あとは煮込むだけ
しかしません。

 

 

しかし、カツカレーは具材が溶けた
トロトロのカレーが美味しいと聞いて、

人参をすり下ろし、玉ねぎはみじん切りにし、
じゃがいもは小さく角切りにして、
リンゴもすり下ろしました。

 

 

これが思った以上に手間なのですが、
やっているうちにコツが掴めてきて
面白くなってくるから不思議です。

 

 

もっと手早く綺麗にできる方法はないだろうか?
と試行錯誤しながら進める作業は
クラアントさんと一緒に悩みの根源を探すのに
似ているなと感じました。

 

 

本質は何をしていても共通しているのだ
と自己満足に浸っています。

 

さて、また
だいぶ間が空いてしまいましたが、
オヤジ談義のPart 6です。

 

 

今回の内容は
「安倍元首相の死が意味するもの」です。

 

 

 

あなたは「死」と聞いて、
どんなことを思い浮かべますか?

 

 

怖いとか、そもそも考えたくない
というネガティブなことですか。

 

 

それとも自分とは全く関係ないもの
と感じている方もいるかも知れません。

 

 

一般的に「死」とは悪いもの
と捉えられがちです。

 

しかし、今回の対談では
「死」を悪いこととして扱わない
という視点で話をしています。

 

 

当然、遺族や近しい人には、
そのように考えるのは難しいでしょう。

 

 

それが難しいことだからこそ、
他人の視点から失礼なのは重々承知の上で
安倍元首相の死の意味を推測しています。

 

 

この世界は表と裏で出来ています。

 

 

普通、人は表だけを求めますが、
裏の存在を認めないと表もなくなります。

 

 

さて、安倍元首相は「死」をもって
どのような対極の価値を残したかった
のでしょう。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
『死して何を残すのか!
 第15回オヤジ談義 Part 6』
(18分06秒)

 ⇣ ⇣ ⇣

https://youtu.be/v1BlB6XCl_E
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA