ついつい怒ってしまう事に罪悪感がある人へ

 

 

 

こんにちはヒロです。

 

 

先日、2度目の
『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
を観てきました。

 

 

ダニエル・クレイグが演じる007シリーズは
スパイ・アクションものとしても上質ですが、
人間ドラマとしても素晴らしい出来です。

 

 

一貫して「いかに生きるか?」が問われていて、
最後の作品である今作では明確なセリフ
としても語られていました。

 

 

グッとくるフレーズが3つほどあり、
なんとか記憶しようと集中していましたが、

 

無理でした(汗)

 

 

今シリーズ一言で言い表すなら……

 

 

とても迷いますが、

 

 

「人間臭さ」でしょうか。

 

 

ああいう生き方にシビれるのは
やはり男性特有なのでしょうか……。

 

 

ちなみにここで言っている生き方とは、
アクションやスリルに満ちた生き方
ではありません。

 

 

個人的には老若男女問わず
参考にできる生き方だと思っています。

 

 

こういう事を書いていると、
映画についても思い切り語ってみたいという
衝動に駆られますね(笑)

 

 

 

さて、前置きがあまりに長くなりました。

 

 

今日は
「ついつい怒ってしまい、その事に罪悪感がある」
人向けの話です。

 

 

自分では怒りたくない、
穏やかでいたいと思っていても、
何かの拍子についカッとなって怒ってしまう
ことはありますね。

 

 

子供のことを怒鳴りつけてしまい、

「あんな言い方するべきでなかった」
「もっと優しくしてあげたいのに」
「自分なんて親失格だ」

と思ってしまうこともあるかもしれません。

 

 

僕自身も瞬間湯沸かし器的なところがあり、
よくプリプリしていました。

 

 

余り怒らないタイプに見られることもあり、
その落差に驚く人も多いようです。

 

 

以前は人から違うイメージで見られる
ことをいちいち気にしていましたし、怒る自分は
どこかに欠陥があると思っていました。

 

 

しかし、今では躊躇せずに怒る時は怒りますし、
反対に怒りがこみ上げてくることも
大幅に減りました。

 

 

かつては「怒ってはいけない」と
自分を必死に抑えていましたが、そんなことは
もうしていません。

 

 

我慢するわけでもなく、
怒りのもとになっている過去の出来事や
トラウマを処置したりする
わけでもありません。

 

 

今日はそういうものとは
違う考え方を動画で話しています。

 

 

個人的には必死に我慢したり、
過去のトラウマやブロックなんかに
こだわるよりもずっと早くて効果的
だと思っています。

 

 

何より人として成長していること、
生きていることを実感するようになります。

 

 

このあたりは前述の
007と共通するところかもしれません。

 

 

ご興味がありましたらご覧くださいね。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

『ついつい怒ってしまい罪悪感がある』
(8分26秒)

 ⇣ ⇣ ⇣

https://youtu.be/23bhcZ4vGVQ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA