人のよろこびはどこにあるのか?

 

 

 

こんにちはヒロです。

 

 

僕はよく講座やセッションで
「自分を超えた価値にコミットしましょう」
ということを言います。

 

 

なぜかというと、
人の喜びや幸せは自分の外側に
あるからです。

 

 

するとある受講生さんが
「私は自分の人生にしかコミットできません」
と言いました。

 

 

自分にはエゴがあるから
自分を超えたものなんてわからないと
言うんです。

 

 

前後の話から
自分に対する諦めや自信のなさから
言っているように感じました。

 

 

もしかすると多くの人が、
自分のことを考えるだけで精一杯と
感じているかもしれません。

 

 

まぁ、それは無理もないことです。

 

 

基本的に人間はエゴイストです。

 

 

自分のことしか考えていません。

 

 

そして厄介なのはこのエゴというやつです。

 

 

エゴは無限大に出てきます。

 

 

なので、
自分の幸せにコミットし続けても、
増大するエゴに飲み込まれてしまい
いつまでも満足できないんです。

 

 

自分を幸せにしょうとする行為が、
結局自分を幸せにしないという矛盾。

 

 

華やかに見える人が
それほど幸せに見えないのは
これが一因です。

 

 

経済的に豊かになった人が
社会貢献をしたくなるのは
エゴに飲み込まれることから
逃れようとするからです。

 

 

まだこれから成功するという人は
自分を超えた価値にコミット出来ないのか
というと、そんな事はありません。

 

 

ただそこへ行く前にやることがあります。

 

 

それはどうしようもなく情けない自分、
カッコ悪い自分を認めることです。

 

 

先述の受講生さんにもそれがありました。

 

 

無意識に隠していた自分。

 

 

こうやって
書いてみると簡単なようですが、
実際には無意識領域にあるので
自分で見つけるのはとても難しい。

 

 

受講生さんは言っていました。

 

 

「自分はいても
 いなくても同じだと思っている」

 

 

しかし、これは
表向きの言い訳だと思いました。

 

 

「実際には自分のこと
 認めて欲しいと思っていませんか?」

 

 

「・・・」

 

 

そして、隠していたかった自分に
気づきました。

 

 

本当は人に認めてほしいけど、
そんなのカッコ悪いからなかったことに
してしまおう。

 

 

これに気づいた受講生さんは
「嫌だ、嫌だ!そんな自分嫌だ!」
と相当に痛がっていました(笑)

 

 

人はなんだかんだ言って、
ワガママでいやらしいエゴを抱えています。

 

 

そういった自分をちゃんと認めて、
その上で自分を超えることに
挑戦していけばいいんです。

 

 

世界は反転して現れます。

 

 

カッコ悪い自分を認めれば認めるほど、
よりカッコいい価値のあるものが
見えるようになります。

 

 

人の喜びは
こうした隠していたい自分の
中にあったりします。

 

 

隠していた自分を見つけて、
相当に楽になったとのことでした。

 

 

これで自分を超えた価値へ
コミットする準備が出来ました。

 

 

 

あなたは人の喜びや幸せは
どこにあると思いますか?

 

 

 

対談のパート4、
「どうしても話しておきたいこと」
では世界の構造から人の喜びについて
お話をしています。 

 

 

こちらもご覧いただけると嬉しいです。

 

 

また、
動画のエンディングでは対談開始時の
保坂さん、Rieさんがどんな話を
していたのかが見られます。

 

 

こちらもお見逃しなく!

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

『第7回大人になれないオヤジのシンリ
 探求談義 Part 4バーチャルと現実の境界線
 どうしても言っておきたいこと!』
(43分28秒)

 ⇣ ⇣ ⇣

https://youtu.be/ZohiCoNIkBI

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA