占いの落とし穴

 

 

 

こんにちはヒロです。

 

 

「占いってなんですか?」

 

 

最近、いや結構前になってしまいますが
こんな質問を頂きました。

 

 

占いってそもそもなんだろう?
という問いは、改めて眺めてみると
とても視点の高い質問です。

 

 

占いにハマってしまい、
散財してしまっている。

 

 

占いが毎日気になって生活を
コントロールされている気がする。

 

 

気持ちが弱くなったり、不安になると
安心感が欲しくてついつい
占いに頼ってしまうけど、
結局何も解決しないってわかっている。

 

 

こんな人は多いのではないでしょうか。

 

 

こんな時、
そもそも占いとはなんぞや?
ということを考えるのはとても有効です。

 

意外と人間は得体の知れないものに
自分を預けてしまっていて、それが問題を
ややこしくしているものです。

 

 

今日は結論から言いましょう。

 

 

占いとは……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「シミュレーション」のことです。

 

 

仮想的に現実を再現してみたもの
とも言えます。

 

 

どんな言い方しても難しいですね(汗)

 

 

シミュレーションゲームが分かる方は
想像しやすいかと思います。

 

 

飛行機の訓練なんかでも
シミュレーターが使われています。

 

 

実際の飛行機は
墜落する危険があるので、地上で
空を飛んでいる状態を仮想的に再現して
パイロットを訓練します。

 

 

悪天候での操縦訓練が
安全に行えるって凄いですよね。

 

 

「占い」も
そのシミュレーションの一種です。

 

 

 

起きるかもしれない未来を予測してみる。

 

 

つまり予測はいくらでもできるし、
予測したものを現実化するために
「行動」するかどうかは本人次第です。

 

 

そう考えると「占い」で
当たるかどうかを問うのは
ナンセンスという事になります。

 

 

なんせシミュレーションは
何千通りも出来るわけですから。

 

 

 

もし占いが当たるとしたら、
占ってもらった人がそれを信じて
現実化するために行動した場合です。

 

 

ハナから信じていない人には
何の効果もありません。

 

 

つまり使い手側が
信じているかどうかの問題だ
ということです。

 

 

「信じる者は救われる」
とはよく言ったものです。

 

 

 

占いにハマっている人は、
シミュレーションの一つでしかない、
しかも大した根拠のないものを
他人の口から聞きたいのかどうか
よく考えてみましょう。

 

 

当たる保証なんて
そもそも無いのが大前提です。

 

 

それが納得できる人は
「占い」に身を委ねても良いかもです。

 

 

逆に自分にはない発想を
「占い」に求めて、決断の参考に
するのはうまい使い方です。

 

 

「占い」は使うものであって、
使われるものではありません。

 

 

自分に役立つように
上手に使いたいものですね。

 

 

動画ではもう少し詳しく
占いについて話しています。

 

 

よろしければご覧くださいね。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
『占いの落とし穴』
(9分52秒)

 ⇣ ⇣ ⇣

https://youtu.be/1_82Ahzrt1Y
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

追伸

 

 

個人的には「占い」は
エンターテイメントだと思っています。

 

 

なぜなら、占いよりもっと確実に
未来を先読みすることが
出来るからです。

 

 

この方法を知っていると
トラブルが起きたとしても、
それを楽しみながらスイスイと
進めるんですよね。

 

 

未来を先読みする方法って
興味あるでしょうか?

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA