なぜ「欲しくないもの」は買えてしまうのか?

 

 

こんにちはヒロです。

 

 

昨日は
21時に配信する募集開始メールを
いつもの7時30分に送ってしまい、
申し訳ありませんでした。

 

 

そして、訂正メールを送ったあとに
正しい時間で募集開始のメールを
お送りしたかったんですが、
1日に送れるメールの数を超えてしまいました。

 

 

ですので募集開始メールをお送り出来ていません。

 

 

読者様によっては午前中に
3回もメールが届いてしまいまして、
本当に申し訳ありませんでした。

 

 

いまプライベートで色々と忙しくて、
細かいところに気が回りません。

 

 

とはいえ、ずっと前から
似たようなミスをしているので、
そもそも注意力散漫なのでしょう。

 

 

それでも継続して
記事を読んでいただいている方には
本当に感謝の思いしかありません。

 

 

改めていつもありがとうございます。

 

 

 

さて、募集開始をメルマガでは
お知らせできませんでしたが昨夜より

『スパッと買い物依存を卒業し
 お金が貯まるノート術セミナー』

募集開始しています。

 

 

残席が少ない回もありますので
ご興味のある方はお早めにお申し込み
くださいね!

 

さて、買い物し過ぎに
関するアンケートを取ってみて、
一つ面白いと思ったことがありました。

 

 

それは、自分が欲しいと思うものは
中々買うことが出来ない。

 

 

しかし、
大して欲しいと思っていないものは、
同じくらいの金額であっても
気楽に買えるという方がいました。

 

 

だから、
欲しい物以外にお金を使ってしまい、
本当に欲しいものは中々手に
入らないのだとか。

 

 

あなたには
本当に欲しい物以外にお金を使ってしまう
ことってありますか?

 

 

もしかしたらあるかもしれないですよね。

 

 

思い返してみると、
僕自身も似たような傾向がかつては
ありました。

 

 

僕の場合ですと、
自分が欲しい物のためにお金を使うのは
とても罪悪感があるのに、

家族のためだとヒョイヒョイ
使える感じでした。

 

 

この背景にあるものは前回の記事の
「幸せになってはいけない」という思いも
関係しています。

 

 

自分の欲求を叶えてしまうと
幸せになってしまうので、

欲しい物を手にしようとすると
罪悪感が出てきてしまうんですね。

 

 

実はこれ以外にもう一つ理由があります。

 

 

それは

 

「自分のことを信頼していない」

ということです。

 

 

自分の欲求が正当なものかどうかの
確信がないんですね。

 

 

自分で自分の欲求に
責任が持てない状態です。

 

 

だから、他人の欲求なら
自分で責任を取る必要がないし、
関心が薄いものであれば「自分の欲求」
から遠ざかるので決断がラクということです。

 

 

「人はやり方を知らないと出来ない」
ことが多々あります。

 

 

この場合も決断の仕方、責任のとり方を
知らないことが原因です。

 

 

やり方を知らないままでいると、ただただ
「責任を取るぞ!」「決断するぞ!」という
根性論になってしまいます。

 

 

ところが、
決断の仕方、責任のとり方を学んで
脳にそのパターンを覚えさせるだけで、

 

欲しい物を自分のために
気持ちよく買うことが出来るようになりますし、

 

他人の欲しい物を買って
逃げることもなくなるんですよ。

 

 

それを簡単に出来るようにしているのが
今回のセミナーでご紹介している
ノート術になります。

 

 

セミナーではノートの仕組みも
ちゃんと説明しますので、
ノートを上手に活用できるようになります。

 

 

もちろん難しい理論は抜きにして
ただノートを記入していくだけで
無意識が書き換わっていきます。

 

 

その結果、決断力が付いて
「これぞ自分の人生」という感覚が
強くなっていきますよ!!!

 

 

ぜひ、買い物し過ぎを
ポジティブなキッカケとして
自分を取り戻して下さい!

 

 

『買い物依存をスパッと卒業し
 お金が貯まるノート術セミナー』

https://life-rest.com/lp/ws202208/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA