服の買い過ぎを止めた方法

 

 

こんにちはヒロです。

 

あなたは服を買いすぎるクセを
やめられなくて困った経験は
ありますか?

 

 

僕は逆に必要な服も買わなくて、
家族からどやされるタイプなのですが、

僕のクライアントさんや知り合いには
「服の買い過ぎがやめられない」
という人が結構多いです。

 

 

ファッションショーが出来るくらい
服を持っていたり、
家の収納に入りきらなくて
服の中で生活しているような状態とか。

 

 

服を買うために
キャッシングしちゃう方もいました。

 

 

服をたくさん買うこと自体は
特に問題はありません。

 

 

しかし、生活する場所や費用まで
服に費やしてしまうのは問題ですね。

 

 

一度も着ないで
捨てたり売ったりすることも多く、

その度に「損してしまった」と悔やんだり、

「なんて馬鹿なことをしたんだろう」

と自分を責めたりしてしまうのだとか。

 

 

服じゃなかったとしても
衝動買いをしてしまい、後で
「しまった!」と思ったことは
あなたにもありますよね、きっと。

 

 

こんな時、人の脳内では
様々な言葉がうごめいています。

 

 

「損したくない!」「どうしても欲しい!」
「自分のものに出来たら最高の気分だろう!」

 

 

まとめてしまうと、
物を買いすぎてしまう人の場合、

心に欠乏感があって
その心の叫びが脳内でこだまし、
行動になっています。

 

 

これを解決する一つの方法として
断◯離というのが流行りました。

 

 

物を得るのではなく、
切り捨てていくことで気持ちよさを
脳に感じさせる方法です。

 

 

この方法自体は流行っただけあって、
効果的だと思いますが根本的な解決には
なっていません。

 

なぜなら、
人は余分なものを捨てる必要がありますが、
それは準備段階に過ぎないからです。

 

 

次にステップに行くための準備として
リセットするのはありですが、
その後の行き先が示されないままでは
人は迷ってしまいます。

 

 

どうしようかと迷った時、
人はどうしても過去に知っていた
馴染みのところに戻りたくなるんですね。

 

 

部屋に隙間ができたら、
それをまた埋めたくなるのが
人間の脳の習性です。

 

 

物が減ったというスッキリ感は
それほど長くは続きませんから、
また部屋を埋めたくなるのです。

 

 

必要なのは部屋を、
というよりは心のスキマ、欠乏感を
「本当に必要なもので埋める」ということです。

 

本当に必要なものに気づいて
心のスキマを埋めた受講生さんは、
ピタリと服の買い過ぎをやめることが
出来ました。

 

 

それまでは服をたくさん買って
一人ファッションショーを楽しんだりして
時間をつぶしていました。

↑ これはこれで微笑ましい光景ですが。

 

 

今では一人で過ごす時間、
ゆったりと流れる時をジックリと味わい、
子供の頃のような豊かな時間を
過ごせるようになりました。

 

 

今までは追われるように時間がない
と感じていたのが、

実は豊かな時間の中にいたことに
気づけたのです。

 

 

受講生さんがどのように
心のスキマを埋めたのかは動画でお話しています。

 

 

よろしければご覧ください。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
『服の買い過ぎを止めた方法』
(7分42秒)
 ⇣ ⇣ ⇣

https://youtu.be/FQlxAth4HHY
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA